月のボイド【Void of Course Moon】

月のボイド

占星術で使われている「ボイド」についてまとめています。

月のボイドって何のこと?

占星学でいうボイドとは、月のボイド(void of course moon)のことを言っています。

「void」を辞書で調べてみると、
1.中身がない、空っぽの
2.役に立たない、効果が無い
3.≪法律≫無効の、有効性のない、等の意味があります。

ボイドは、ホラリー占星術(Horary Astrology)という分野で、17世紀にイギリス人のウィリアム・リリーが発表して、「魔の時間帯」として占星学者の間で広く知られました。

クライアントの要望で、ホラリーのチャートを作成する場合にも、その時がボイドである場合、正しい答えが得られないので、ホラリー占星をするべきではないとも言われています。

「boid」の意味から考えても、避けたほうが良い時間帯だと判断出来ると思います。

ボイドタイムとは

ボイドタイムとは、月があるサインの中で他の天体と最後にメジャーアスペクト(0,60,90,120,180度)を作った時刻(Last Aspect)から、次のサインに移動する(Ingress)時刻までの時間帯を示します。

例えば、8月30日(日)4時32分、月はやぎ座27度16分に、火星とスクエア(90度)のアスペクトを作り、その後はアスペクトを作らないで、9時38分に水瓶座に入ります。
この場合、8月30日(日)4時32分~9時38分がボイドタイムとなります。

月と火星のアスペクト
月のイングレス

月は、2~3日でひとつのサインを移動するため、ボイドも2~3日毎に起こり、このボイドタイムは、占星天文暦や占星暦などで調べる事が出来ます。こちらのブログでも、定期的にボイドタイムをお知らせしていきます。

ボイドタイムの過ごし方

月は感情や無意識を司っており、ボイドタイムには、その月の影響が無効になると言われています。

新月の願い事についても、ボイドタイムを避けるようにと言われているのは、願い事が無効になるためです。

それでは、具体的にはどんな事に気を付けたら良いのでしょうか。

ボイドタイムに起こりやすい5つのこと

  1. 思い込みや勘違いをする。
  2. 通信や意思の伝達が混乱する。
  3. 人から人への伝達が誤って伝えられる。
  4. 情緒不安定になる。感情的になる。
  5. トラブルに発展しやすい。

これらの事から、ボイドには重要な事はしないことが一番ですが、避けられない場合もあります。その場合には、ボイドが過ぎてから必ず見直しをする作業が大切となります。

ボイドタイムに避けたい7つのこと

思い違いや勘違い、選択ミスを避けるため、特に注意したい項目7つを挙げました。

  1. 重要な物事を決定しない。(例:婚約、入籍、結婚式の計画や準備)
  2. 新しい計画を立てない(例:旅行の計画。旅行の出発時間も避ける)
  3. 求人への応募、面接、入社
  4. 重要な会議や講義、交渉、取引(オンラインでの発言にも注意)
  5. 投資、高額な買物、衝動買い(デザインや色、サイズの選択の判断。店舗での他、ネットショッピングも要注意)
  6. 試乗や初めての運転
  7. 診断や手術(選択可能な場合)

新しい試みや決定には注意が必要ですが、日々のルーティン作業は行っても問題はありません。
ボイドを参考に、スケジュール管理、リスク管理に役立てると良いでしょう。

では、逆にボイドタイムには、どんな事をすると良いのでしょうか。

ボイドタイムに向いている7つのこと

  1. 瞑想、睡眠
  2. 読書(オーディオブック)、音楽を聴く、映画を観る(You tube等)
  3. 勉強や趣味に集中する
  4. ヨガやストレッチ、セルフマッサージ
  5. アロマテラピーで香りを楽しむ
  6. ペットと過ごす
  7. 入浴

要するに、自分の時間を大切に、自分と向き合う時間として過ごすのがおススメです。

まとめ

  1. ボイドタイムとは、月があるサインでのラスト・アスペクトから、次のサインに入る(イングレス)迄の時間帯のこと。
  2. ボイドタイムには、新たな計画や契約、重要な事はしない。
  3. ボイドタイムは、自分と向き合いリラックスして過ごす。

ボイドタイムは、定期的にアップしていきますので、そちらを参考にしてみて下さい。

月のボイド【Void of Course Moon】” に対して3件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。