マンデン占星術【2020年の秋分図】

2020年9月22日秋分図について解説します。

マンデン占星術【2020年の秋分図-秋分の日】

天秤座の皆様、お誕生日おめでとうございます。

2020年9月22日火曜日22時32分に、
太陽は、乙女座から天秤座00度00分へ移動します。

占星術的には、太陽が天秤座へイングレスすると言います。
そして、暦の上では秋分の日となります。

春分図は春分の日から1年間の流れを読みますが、
夏至図、秋分図、冬至図は約3ヶ月間を表わします。

さて、秋分図はどんな星の配置となっているのか、
見ていきましょう。

アセンダントは蟹座。
第1ハウスは国民、国家を示します。

蟹座のルーラー(支配星)の月は、
大衆や世論を表わして、
公務員や健康を示す第6ハウスに居ます。

その月は、
政府を表わすMCと90度のスクエアで、
政府と国民との不和が生じることも。

また、首相を表わす太陽は、
土地、野党の場所の第4ハウスで、
社会保障、税金の第8ハウスに居る土星とトラインで、
社会保障等については、
時間をかけながら安定する兆しがあります。

注目すべきは、火星と水星のオポジションに、
土星と冥王星が頂点の90度で、
Tスクエアを形成していること。

第5ハウスに水星が居て、
水星は通信やメディアを表わし、
第5ハウスは、隠していた秘密や悪事が表れる、

対して火星は、
第11ハウスの議会で、
軍事、暴力、戦争を表わすので、
議会上の争いやスキャンダルの浮上が予測されます。

そこに、土星と冥王星が、
追い打ちをかけるように、圧力をかけています。

カーディナルサイン(活動宮)でのTスクエアなので、
激しい奮闘が繰り広げられそうです。

また、海王星と冥王星及び木星のセクスタイルに、
金星がインコンジャンクトでヨッドを形成。

経済面も不透明ながら、
再生力は高まる期待感があります。

金星は第3ハウスなので、
輸送、交通、旅行等、移動に伴ない、
経済の活発化に繋がります。

太陽が天秤座に入り、
天秤座は風のサインで活動宮なので、
人との交流が盛んになる季節

ただ、健康面に関しては、
第6ハウスのカスプが蠍座で、
ルーラーの冥王星が、
火星、水星とスクエアですので、
困難であることに変わりはなく、
コロナに関しても、
まだまだ予断は許さない状況ですので、
気の緩みは禁物です。

何れにしても、
12月21日の冬至、
22日の木星/土星のグレートコンジャンクションで、
更に大きな時代の変革の幕開けとなります。

そういう意味で個人レベルでも、
この3ヶ月間の積み上げは大切な時期になります。

2020年の、
そして、地の時代の総仕上げとして、
今出来ることに着手して、
風の時代に乗る準備を進めていきましょう。

それでは、
素敵な秋分の日をお過ごし下さい。